トップページ > 頭皮が脂っぽい > 脂っぽい頭皮を解消する正しいシャンプーを選ぶポイント

脂っぽい頭皮を解消する正しいシャンプーを選ぶポイント

必要な皮脂まで取り除かないこと

洗浄成分に石油系界面活性剤を使っているシャンプーは、頭皮に必要な皮脂まで取り除いてしまいます。 すると皮脂が過剰分泌されるので、脂性の原因となり得ます。 皮脂の過剰分泌を防ぐには、適度な洗浄力で、頭皮に必要な皮脂は残すシャンプーを選びます。 適度な洗浄力なのはアミノ酸シャンプーです。

毛穴の皮脂汚れはしっかり落とす

適度な洗浄力のシャンプーが良いと説明しましたが、だからといって汚れを落としきらないと抜け毛や薄毛の原因となります。 毛穴の皮脂汚れを落とすためには、泡立てたときにキメ細かい泡ができるシャンプーが良いです。 キメ細かい泡が毛穴に入り込み皮脂汚れを落とすからです。

頭皮に優しい成分を配合している

安いシャンプーは、頭皮にダメージを与える成分が多く含まれています。 中でも、石油系界面活性剤やシリコンは要注意です。 シリコンは髪の指通りを滑らかにするために配合されているのですが、毛穴をつまらせたり、髪から落ちるときにキューティクルを剥がします。 これを防ぐにはノンシリコンのシャンプーを選びます。 アミノ酸シャンプーは使っているうちに頭皮や髪のダメージを補うので、髪の指通りも良くなってきます。